メニュー

PRP療法

PRP-FD療法

新しい膝関節の治療法で、大学病院はじめ多くの医療機関で膝関節治療に用いられています。患者様自身の血液から血小板成分のみ取り出して、特殊な技術で濃縮・活性化したものを膝に注射します。血小板成分に含まれる成長因子の働きで、損傷組織の修復・再生を期待し、痛みを和らげたり、膝の機能改善を目指します。

治療について

血液の中には、傷を治す働きを持つ「血小板」という成分があります。この血小板を高濃度に濃縮し活性化させたものが多血小板血漿(Platelet-Rich Plasma「以下、PRP」)です。

PRPには細胞同士で情報を伝える役目をもつサイトカインや、細胞の増殖や分化をうながす成長因子がたくさん含まれており、損傷した組織を修復・再生することが期待されています。PRP-FDとは、この血小板由来成長因子を凍結乾燥させたものです。

患者様自身から採取した血液をもとにPRP-FDを抽出・精製しますので、体に与える負担が少なく、アレルギー反応もきわめて少ないと考えられます。

当院では、変形性膝関節症に対してPRP-FD療法を行います。ヒアルロン酸関節内注射やこれまでの保存療法では今一つよくならないが手術はまだしたくない、とお考えの方にもう1つの治療法になると考えています。

実際の治療の流れ

① 問診・診察

膝関節の痛みや違和感の状態や、これまでに受けられた治療についてお伺いします。その後、診察と必要な場合には画像検査(単純X線撮影)を行います。
(レントゲンやMRIなどの画像検査があればご持参ください)

※PRP-FD療法を受けられるかどうかは、すぐに決定いただく必要はありませんので、ご自宅でじっくりご検討いただいてからのお申し込みも可能です。

② 採血

自己血液を50mlほど採取し、セルソース再生医療センター(厚生労働省から「再生医療等安全性確保法」に基づく「特定細胞加工物製造許可」を受けている)に搬送後、検査・加工。PRP-FD作製には約3週間かかり、その間は必要に応じて従来の治療を継続します。

③ 注射

セルソース再生医療センターで加工・フリーズドライ化された患者さまご自身のPRP-FD(血小板由来成長因子)を膝関節に注射します。

費用について

PRP-FD療法を受ける際にかかる費用は150,000円(税別)です。
公的医療保険の適応外であるため、費用全額を自己負担いただきます。

PRP療法に関する医療費は、確定申告における医療費控除の対象となる場合があります。
発行された領収書は確定申告まで大切に保管しておいてください。
領収書の再発行は致しかねますのでご注意ください。詳しくは管轄の納税所にお尋ねください。

 

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME