メニュー

膝が痛い

歩くと膝が痛い。膝が痛くて正座や階段の昇り降りがつらい。などの症状に悩まされている方も多いと思います。
当クリニックでは、理学療法士によるリハビリテーションと普段の生活指導や薬の服用に関する的確なアドバイスで、膝の痛みの症状改善に繋げます。
このページでは、膝の痛みが出現する代表的な疾患について紹介します。

変形性膝関節症

症状

膝のクッションの役割をしている関節軟骨がすり減り、関節が変形し、痛みを伴います。
原因は加齢に伴うもの、体重増加、膝のケガや病気など様々です。
立ち上がりや動き初めに膝が痛んだり、階段の昇り降りで膝が痛んだりします。膝の内側に痛みを感じる事が多いです。正座がしにくくなり、しゃがむと痛い、膝に水がたまり腫れるようになります。膝が変形してО脚になっていきます。

診断

身体所見とレントゲン検査で行います。

治療

まずは保存療法で進行をおさえ、症状の改善をはかります。膝に負担をかけないように日常生活で工夫することが必要で、運動も膝に負担をかけずに筋肉を鍛える方法でやり、体重を減らすことで膝の負担を軽減させます。杖の使用、階段よりエレベーターを使う、重いものを持たないようにする、膝が冷えないように保温に心がけることが大切です。リハビリテーションでは膝に負担をかけず、正しい方法で筋力訓練(運動療法)をし、温熱療法で膝の痛みを軽減させます。痛みが強い場合は、内服薬や外用薬(湿布等)などを使用します。ヒアルロン酸関節内注射は痛んだ軟骨を保護したり、関節の炎症を抑える効果があります。最初の5回までは毎週、その後2週おきに行います。これらの治療でも十分な効果が得られず、日常生活で支障が強い場合には手術療法(人工関節置換術、高位脛骨骨切り術など)を選択することもあります。

膝前十字靭帯損傷

バスケットボールやサッカーなどでジャンプの着地や急なステップでの方向転換、急停止の際に膝を捻って受傷する(非接触型損傷)、ラグビーでタックルを受けて膝を捻り受傷する(接触型損傷)など、スポーツによる膝のケガでの頻度が高いです。

症状

受傷時は断裂音(ポップ音)が聞こえ、脱臼したような感覚があり、その後激しい痛みと立位歩行が不能になることが多いです。靱帯からの出血で関節内に血液がたまるため、関節の腫れを伴います。急性期を過ぎると徐々に膝の曲げ伸ばしや歩行が可能になりますが、膝の不安定感や膝がずれるような感じ(膝くずれ)を自覚したり、合併した半月板損傷による痛みを自覚します。

診断

受傷機転、診察での徒手検査、MRI検査により行います。

治療

まず断裂した前十字靭帯が自然治癒する可能性はほぼありません。膝の不安定な状態によりスポーツ活動に支障きたすばかりか、合併する半月板損傷・関節軟骨損傷が進行し、早期の変形性膝関節症になることも多くなります。中高齢者には保存療法が選択されることもありますが、保存療法では前十字靭帯の機能回復は見込めないため、特にスポーツ活動をする方には靱帯再建する手術が勧められます。
保存療法は靱帯損傷治療用サポーターを装着し、膝の痛みのない範囲で可動域訓練を行い膝の機能回復と、筋力低下の防止に努めます。受傷後1カ月程度で痛みは落ち着き、日常生活には支障がなくなることがほとんどです。
手術療法は損傷した前十字靱帯の代わりに、患者様自身の腱(自家腱)を移植する「前十字靭帯再建術」が一般的です。

膝半月板損傷

体重が加わった状態で膝を捻ったり、ジャンプの着地などの衝撃が加わったりすることで受傷します。前十字靭帯などの他の靱帯損傷に合併して損傷することもあります。スポーツによる膝のケガでの頻度が高いですが、高齢者では加齢によって傷つきやすくなっている半月板がささいなケガで損傷することもあります。

症状

受傷後は歩行の際に痛みを感じたり、膝の曲げ伸ばし動作でのひっかかり感が出現します。損傷した半月板が膝関節に挟まりこんで膝が屈伸できない状態(ロッキング症状)になると、痛みで歩行不能になり生活に支障が出ます。

診断

受傷機転、身体所見、MRI検査により行います。

治療

保存療法と手術療法に分けられます。痛みが主症状でロッキング症状がない場合は、保存療法を行います。投薬加療や関節注射で痛みを改善し、リハビリで膝の機能改善、筋力訓練を行います。保存療法でも症状が改善しない場合やロッキング症状がある場合は手術療法を行います。関節鏡手術(内視鏡を用いた手術)で損傷した半月板を、損傷状態により半月板縫合術か半月板部分切除術を行います。術後はリハビリテーションで膝の機能改善、筋力訓練を行います。

 

オスグッドシュラッター病

くり返すジャンプ動作やボールをける動作での膝を伸ばす力により、大腿四頭筋が膝蓋腱を介してその付着部(脛骨粗面)をけん引することで脛骨粗面の成長軟骨に過剰な負荷がかかり、成長軟骨部が剥離することで生じます。小学校高学年から中学の発育期での運動障害です。脛骨粗面が徐々に突出し、痛みや腫れが出てきます。運動を休むと痛みがなくなりますが、運動を再開すると痛みが再発します。

診断は身体所見とレントゲン検査により行います。

治療は、大腿四頭筋のストレッチや痛いところのアイシングをします。痛みが強いときは内服治療や湿布を使用します。痛みがなくなればスポーツ復帰は可能ですが、しばらくは症状がくり返すことがあるので、ストレッチやアイシングをお勧めします。成長期に伴う一過性の病気なので、成長が終了すると多くは治癒します。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME