メニュー

リハビリテーション

当院では運動器リハビリテーションに力を入れています

運動器とは身体を動かすための骨・関節・筋肉・神経などの組織や器官の総称で、それらが何らかの原因で傷害されたものを運動器疾患といいます。骨折などのケガ、老化などによる変性疾患(変形性膝関節症など)などがあります。運動器疾患は仕事や日常生活の動作を困難にし、私たちの生活の質(QOL)を低下させる大きな要因となります。

運動器リハビリテーションとは

運動器リハビリテーションとは、運動器疾患を持つ患者様に対して、理学療法士が個別に運動機能の回復や痛みの軽減を目指して行うリハビリ治療です。各種トレーニング機器を使用し、可動訓練や筋力トレーニング、ストレッチを1対1の個別訓練で行います。

対象
  • 腰の痛み、膝の痛み、肩の痛みや運動制限といった日常生活で困る慢性疾患のリハビリ治療をします。
  • 骨折、靱帯再建、人工関節手術後の機能回復リハビリ治療をします。他病院で手術、治療を受けられた方でも治療可能です。
  • 立位歩行が不安定な方の下肢筋力訓練やバランス訓練、転倒、骨折予防のトレーニング指導も行います。
  • スポーツ外傷後の筋・関節機能の改善、体幹トレーニングをはじめとした身体コンディショニング指導等も行っています。

運動器リハビリテーションは、運動器に障害を持つ患者様の、運動機能の回復や痛みを軽減させ、年齢を重ねても趣味を諦めず楽しめる健康寿命を延ばし、日常生活の質(QOL)の維持、向上のためにとても重要な役割を担っています。

当院では物理療法も行っています

物理療法とは、患部を温熱療法などの物理的刺激手段を用いて、疼痛緩和、炎症の改善、筋・靱帯などの組織の機能改善を目的に行います。

 

個別リハビリ訓練は完全予約制で行います。
リハビリ治療は医師の診察を受けてからとなります。

※当院は運動器リハビリテーション(Ⅱ)施設の認定を受けています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME